客を装い職場の雰囲気をチェック

船橋市の産業

かの文豪、太宰治の名作、人間失格の最終章に船橋が登場するのは割と有名な話ですが、どうにもこの船橋という地名に余り強い印象がありません。船橋は人口が千葉県で第2位という、数字を持っているのですがイマイチやりきれていない感があります。市内にキーコーヒーやサッポロビールなど、名だたる企業の工場は存在するのですが、本社が存在する企業は味噌等の訪問販売で成長した信州志賀一、レトルト食品の製造で大きなシェアを持つ石井食品など、市内に本社があるだけでも相当にすごいのは確かなのですが、それでも船橋にはどれだけの知名度があるのかはわかりません。
ざっと調べてみたところ、船橋市の産業の特徴の一つは、時代ごとに食糧物資を主とする物資の集積地・流通地として重要な役割を果たしてきた点と言えるでしょう。古代から中世には、戦略的な交通の要所だったことから、兵站物資の集積地・流通地として栄え、戦国時代には、近藤万栄という人物が船橋を拠点に活躍したことが文献に記されており、勢力争いの中で、重要な役割をになっていたようです。今では百貨店や、ららぽーともオープンし、近隣住人のみならず遠くから買い物に訪れる価値も出てきました。この辺りでバイトをしている友人にも聞きましたが、様々な仕事があるため、船橋に住んでいればバイト探しは比較的楽であるということらしいです。例えば、バイトの定番である飲食店をはじめ、アパレルや雑貨などの販売業も数多くあります。接客が苦手な方には、工場や梱包や軽作業などのバイトも多く見られます。船橋近辺に住んでいる方で仕事がなかなか見つからない方は、一度船橋で仕事探しをしてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です